取り戻せ赤ちゃん肌!肌のくすみと戦います

女性ホルモンに含まれるエストロゲンの役割って?

Written on 2016年11月17日   By   in 未分類

女性ホルモンには、エストロゲンという成分が多く含まれています。
エストロゲンの役割は、実に様々です。
ですが一番大きな役割は、女性らしい体を形作るということではないでしょうか。
この成分が多ければ多いほど、どんどん女性らしい体つきになっていきます。
したがって、エストロゲンを含んだ薬品は、性同一性障害の治療にもよく使われています。
また、女性らしい体つきに近づけば、抜け毛も防げると言われています。
男性型脱毛症は男性ホルモンによって引き起こされていることが研究で分かっていますが、女性ホルモンに含まれる成分であるエストロゲンを摂取すれば、男性ホルモンを抑止して抜け毛予防も可能になります。
ですから、最近はこの成分が入った薬が男性にも人気を博しています。
海外から個人輸入をすれば安く手に入るので、そうした方法を採用している人もいるぐらいです。
またこの成分は、骨粗相症の予防にも大きな役割を果たすといわれています。
他にも、自律神経の調整役をしてくれたりと、体にとっては必要不可欠なものとなります。
女性でも閉経をしてしまうと、エストロゲンが不足しがちになります。
その際には、女性であっても薬で摂取することがあります。