取り戻せ赤ちゃん肌!肌のくすみと戦います

お肌を守るために知っておきたい!化粧品アレルギーの症状とは?

Written on 2017年8月21日   By   in 未分類

「いつも美しくありたい」
「いつまでも美しくありたい」
そう願う女性は少なくありません。

また、新商品が出てくると試したくなりますよね。
しかし、せっかく選んだ化粧品によって、肌トラブルを起こしてしまうかもしれません。
そうならないためにも、自分に合った化粧品を知ることが大切です。

化粧品を使うことで起きるお肌の赤み、かゆみ、ブツブツなどは、「化粧かぶれ」と呼ばれています。
また、「接触皮膚炎」とも言われるため、知っておくとよいでしょう。
ちなみに、接触性皮膚炎が起きる原因は「刺激によるもの」と「アレルギーによるもの」とに大別されます。

「刺激による接触皮膚炎」は、アルコールをはじめ、強酸、強アルカリ、摩擦など、皮膚に接触したものの刺激(毒性)で起こります。
また、こちらの原因による接触皮膚炎を経験する人が多いです。
さらに、お肌のバリア機能が低下している、ムダ毛ケアによる傷があるなど、そのときのお肌の状態が関係すると言われています。

一方、「アレルギーによる接触皮膚炎」のほうは、体内にある抗体が異物(アレルゲン)を排除しようとして起きるとされています。
また、お肌の状態に左右されるのではないことを知っておきましょう。

ただし、「刺激によるもの」と「アレルギーによるもの」の症状は似ているため、原因がわかりにくいとも言われています。
そのため、化粧品の使用によって何らかの異常を感じたときは、皮膚科やアレルギー専門医師のいる医療機関を受診することが大切です。
また、受診に際しては、原因と考えられる化粧品の持参をおすすめします。

なお、化粧品アレルギーの症状はいったん治っても繰り返し起きることが特徴です。
そうならないためにも、きちんと検査を受けて、アレルギー症状が起きる原因を確かめる必要があるのです。
化粧品の容器や外箱には、配合される全成分が表示されているため、化粧品を購入するときに確認することが大切です。
また、化粧品によっては金属が含まれているものもあるため、金属アレルギーを持っている人は注意する必要があります。

皮膚に接触する回数を減らすことで摩擦刺激を減らすという観点からいくと、化粧水・美容液・乳液の役割をひとつでまかなえる、http://www.baustheater.com/のようなオールインワンジェルもおすすめです。

なお、化粧品を使うときだけでなく、ヘアケア・ボディケア製品、衣類などを使うときにも、アレルゲンが含まれていないか確認することが大事です。
もちろん、食物アレルギーやなどの存在も見逃すことができません。

新しい化粧品を使うときは、肌トラブルが起きないか心配になります。
そのため、初めての化粧品を使うときは、お肌の状態がよいときを選びましょう。
また、化粧水など、一品だけ新しいものに差し替えていくことも大切です。
そうすることで、お肌の変化がわかりやすいため、肌トラブルが起きたときに、原因になる化粧品の特定にもつながります。